CLICK

 

 

悲しいお知らせです。

 

予てより骨髄の病気で東京の病院に入院していた

 

共同経営者(統括部長)の中地由起子が移植に伴う感染症のため逝去しました。

 

「絶対に牧場に帰る」とどんな辛い治療にも耐えていたのにとても残念で悔しいです。

 

それでも歩みは遅くなりますが、彼女が望んでいた「人と動物の本来の暮らし」ができる

 

牧場をつくっていきたいと思います。HP内に「中地由起子メモリアル」を設けました。

 

牧場での彼女の姿を眺めて偲んでもらえると幸いです。

 

 

 

私たちが目指している牧場つくりはまだ途中です。

 

動物たちと暮らしながら一緒に牧場づくりに参加してくれる人を募集しています。

 

関心のある方はHPの「お問合せ」からご一報ください。